最終回

仁 ドラマの最終回感想 その後はどうなった?ドラマ版は切ない終わり方

仁 ドラマ最終回

この記事は仁 ドラマの最終回に関する記事になっています。

JIN -仁-を知らない人の為にどんなドラマか簡単にすると江戸時代にタイムスリップした現代外科医の活躍を描くタイムスリップ医療ドラマです。

2009年迫真の医療描写、時代劇ならではの壮大なスケール、登場人物の成長と人間ドラマ、歴史を題材にしたストーリーが魅力が話題のドラマでした。

仁を見ると綾瀬はるかの真似をしている福田彩乃を思い出してしまいますね。物真似されるぐらい人気なドラマだったと言う事でもあります。

※本記事は感想がメインですがドラマ 仁のネタバレも一部含まれているため、まだ見たことのない人はお気を付けください。

JIN -仁-はU-NEXT無料視聴可能です。
JIN -仁-の1話~11話(最終回)まで一気に見れます。2011年に放送されたJIN -仁-完結編も配信中!

10万本以上の動画が楽しめる『U-NEXT』
U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスであり、映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど、32万本以上の作品が見放題です。
以下、4つの特徴があります。
【特徴1】初回31日間無料お試し
【特徴2】見放題作品数が圧倒的に多い
【特徴3】毎月1,200ポイントが付与される
【特徴4】エロ動画も見放題
実際に使って良かった事

新作は見放題に入りませんが毎月貰えるポイントで見れる所は良いですね。あとやっぱりエロ動画も見放題なのでU-NEXTで全てがまかなえてしまうのは便利すぎです。

月額 ¥2,189(税込)
1日約70円とコスパ◎
おすすめな人 様々なジャンルの動画(一般~エロまで)が見放題で雑誌も読み放題なので色々なサイトに登録したくない人向け
\映画・ドラマ・雑誌・漫画読み放題!U-NEXT無料お試し実施中!/
無料お試しは31日間!途中解約すればお金は掛かりません。

仁 ドラマ 最終回 あらすじ

刺客に襲われた龍馬(内野聖陽)を助けようとした仁(大沢たかお)は、そのまま龍馬と共に崖の上から落ちてしまう。しかし、仁が目を覚ました時、龍馬の姿はなく…。

仁 ドラマ 最終回の内容と感想

野風のガンを治すかどうか葛藤する南方仁

野風に発覚した乳がんを治してしまうと、未来が変わってしまう可能性があるという重い事実に直面した仁。
その恐怖は彼を深く悩ませ、自分の手で未来を変えてしまう恐れに身を震わせながらも、
仁は「いずれは未来に帰還したい」という思いを抱えている。
そのため、不確定要素を作りたくないという気持ちも理解できるのですが、一方でそれが身勝手であることもまた事実。
このエゴと現実の狭間で悩み苦しむ仁の姿は、観る者にとっても苦しいものです。

また、これまで仁を支えてきた橘咲もまた、仁のもとを離れ、自らの縁談を進めています。
かつては助手として仁と共に多くの患者を救ってきた咲が、今は新しい人生を歩もうとしてる。
自分の周りから一人また一人と人が去っていく中で、
「自分の周りには誰もいなくなってしまった」とうそぶく仁の悲しみと切なさが胸に迫るんですよね。

人の出会いと別れは常にあるもので、江戸時代においてもそれは変わりません。
しかし、だからといって仁の感情が抑えられるわけではなく、
未来への帰還と江戸時代で築いた絆の間で揺れ動く複雑な思いが渦巻いています。
そんな中で、仁は一体どこに救いを求めればいいか。
彼を支えるもの、助けとなるものは果たして存在するのか。

龍馬からの許しを得て、手術に踏み切る

自身の手で決められない事柄は運否天賦に任せれば良いという勝海舟のアドバイスに従った坂本龍馬。
彼は、自らが責任を負うことで仁に手術へ踏み切ってもらうため、頭を下げる行為に出ますが、ちょっと悪ぶったこのシーンでのやりとりは、まさに仁義に満ちたもので、彼の覚悟と誠意が強く感じられます。
また、龍馬のこの姿勢は、自らの信念と仁の技術を信頼することの重要性を示しています。
ただ単に仁に手術を依頼するだけでなく、自分自身もまた野風に対する責任を負うという、
大きな賭けに出ているということを示しています。
これにより、仁は自らの役割と責任を再認識し、手術に踏み切る決断を下すことができました。

また、決意した仁は未来の存在を認知できる写真を埋めてしまうという行動に出ます。
これは、未来への一抹の希望と共に、その決定を超越的な存在に委ねる象徴的な行為であり、
この行動を通じて仁は自らの限界を認識し、運命に対する謙虚な姿勢を示すことで、
内面の葛藤と未来への不確定要素に対する恐れを深く描き出しているのではないでしょうか。
その場に居合わせた咲も自分の立場との間で葛藤していて、なんだか切ないんですよね。

いざ手術となるも……

手術が行われる当日は咲の結納の日でもありましたが、
仁が手術の準備を進める中で、無意識に咲の名前を呼んでしまいます。
二人の絆を感じさせるとともに、そこから彼らがリンクしたかのようなカットは、汗を拭うタイミングが同じであったりと、演出の巧みさを感じました。
この巧妙な演出により、視聴者は二人の強い絆を一層感じることがでるのではないでしょうか。

一方で、仁に恨みをもつ医者が復讐のため武士たちを雇い、手術を妨害しようとします。
甲本雅裕が演じている武士の嫌らしさが際立っていて、にらみ合う姿は手に汗握りますが、そこに駆けつけた咲の啖呵も見事でした。
彼女の強い意志と決意が見え、妨害にあらわれた武士たちも一歩引かざるを得ず、まさに裏方として仁を支えることができたということは、
「自分の周りには誰もいなくなってしまった」
と言っていた仁の気持ちに対するアンサーになっています。
彼女の行動がなければ、手術は成功しなかったでしょうし。

手術シーンの尺自体はちょっと早急で、タイミング等がご都合主義かなとも思いましたが、なによりピンチに駆けつけるヒロイン、という構図は最終回ならではの盛り上がりを見せるんですよね。

結末、そしてその後の物語は続編へ

手術は成功し、それぞれがまた明日に向かって歩き出します。
野風との別れ際、彼女のセリフが感動的でした。
「これからは己の足で行きたいところに行くでありんす」
「誰よりも幸せになるでありんす」
花魁という立場で、酸いも甘いも噛み分けてきた彼女が新たな人生を選ぶ自由を得たのです。
一方、仁もまた彼女の言葉に深く感銘を受け、医師としての使命と向き合い続ける決意を新たにしたように見えました。
未来にどのような影響を与えるかは分からないものの、その瞬間の選択が彼らの人生を大きく動かしたことは確かです。
それは仁が知っていた未来にはつながっていないのやもしれませんが、人を助けるという医者の本分と、そして仁自身の人となりからすれば、これ以上ない結果であったのではないでしょうか。

また、全編を通して音楽が印象的でした。
とくに高見優、長岡成貢両名による耳に残るテーマ曲は、全体を盛り上げる重要な要素だったと思います。

これからも日常が続いていく、と思ったのもつかの間、仁が再び頭痛に見舞われ、明らかに謎を残したまま続編を匂わせる展開で終わります。
完結編を続けて鑑賞したくなること請け合いです。

⇒JIN-仁- 完結編の動画はこちら

仁 ドラマの最終回を見たSNSの声

男性
医龍と同じくらい『仁-JIN-』が好きでして、何度も観てます。第1章と第2章があって全て観てこその最終回ラストの感動なのに、ちぼみはいつも最終回のラストシーンだけ観て泣くのです。

男性
過去に再放送で観たドラマ「JIN−仁−」を改めてサブスクで最終回まで観なおして過ごした。
ん〜! JINはやっぱ何度観ても面白いなぁ〜!
配役も良いし、色々考えさせられるドラマや。🥲

女性
ドラマJIN仁の最終回で手紙の中に出てくる台詞で思い出して泣ける😭

男性
JINは個人的に原作よりも実写ドラマの方が感動した
原作を改変したことが逆に功を奏している稀有な実写化
原作では結ばれる仁と咲が結ばれなかったが最終回での手紙のシーンで感動して号泣し切ないストーリーに感動が止まらなかった
ラストで今度こそと中谷美紀の手術を行う仁の再生する姿も良かった

男性
『JIN-仁-』かな。
最終回は原作超えてたと思う。
「・・・橘咲は先生をお慕い申しておりました。」

男性
今更なんだけど『JIN ー 仁 ー 』メインテーマの独特な音色は ”二胡” だったのかぁ😀
あれは本当に良いドラマだった。最終回は俺もう号泣😭したかんねw
音楽も素晴らしくて、この曲が流れる度に涙してた

女性
前半は、咲の南方先生への思いや野風さんの乳癌のこと、大切な人を救うための選択に難しさを感じました。
後半は歴史が変わる坂本龍馬暗殺の瞬間に…!!

最終回続けて見直します🙆‍♀️

ふみ@管理人
ふみ@管理人
仁のドラマの最終回は原作とは違いますがこれはこれでよい終わり方でした。

仁 ドラマの最終回の視聴率は?

仁の最終回の視聴率は25.3%でした。2009年度のドラマで一番高い視聴率を獲得しました。

■JIN 仁 視聴率一覧

話数 視聴率
第1話 16.5%
第2話 16.4%
第3話 17.2%
第4話 17.2%
第5話 20.3%
第6話 20.2%
第7話 16.8%
第8話 22.3%
第9話 16.1%
第10話 20.4%
最終回 25.3%

仁 ドラマの最終回の登場人物(メインキャスト)

役名(俳優名)

  • 南方仁(大沢たかお):現代の脳外科医で江戸にタイムスリップし、多くの人々を救う。
  • 橘咲(綾瀬はるか):江戸時代の女性で仁を支える、献身的で成長する看護師。
  • 坂本龍馬(内野聖陽):幕末の革命家で仁と友情を築き、革新的な思想を持つ。
  • 野風(中谷美紀):美しい花魁で乳ガンに苦しむが、仁の手術で救われる。
  • 勝海舟(小日向文世):幕末の政治家で龍馬の盟友。
  • 仁 ドラマの最終回に使われた曲

    ■TBS系日曜劇場「JIN-仁-」主題歌
    MISIAの逢いたくていま

    JIN 仁 最終回 Q&A(ネタバレ注意)

    仁の最終回-原作とドラマの違いは?

    一番の違いは原作漫画では最終的に仁と咲は結ばれてハッピーエンドですがドラマでは二人は結ばれなかった点です。

    JINの最終回で咲が仁に書いた手紙の内容は?

    JINの最終回で咲が仁に書いた手紙

    以下がその時の書き起こしです。

    ○○先生へ

    先生 お元気でいらっしゃいますでしょうか。
    おかしな書き出しでございますこと 深くお詫び申し上げます。
    実は 感染症から一命を取り留めた後、どうしても先生の名が思い出せず、
    先生方に確かめたところ、仁友堂には、そのような先生などおいでにならず、
    ここは私達がおこした治療所だと言われました。
    何かがおかしい、そう思いながらも、私もまた、次第にそのように思うようになりました。
    夢でも見ていたのであろうと。
    なれど、ある日のこと、見たこともない奇妙な銅の丸い板を見つけたのでございます。
    その板を見ているうちに 私はおぼろげに思い出しました。
    ここには先生と呼ばれたお方が居たことを。
    そのお方は揚げだし豆腐がお好きであったことを。
    涙もろいお方であったことを。
    神のごとき手を持ち、なれど、決して神などではなく、
    迷い傷つき お心を砕かれ ひたすら懸命に治療にあたられる
    仁をお持ちの人であったこと。
    私はそのお方に この世で一番美しい夕日を頂きましたことを思い出しました。
    もう名も お顔も思い出せぬそのお方に 恋をしておりましたことを。
    なれど、きっとこのままでは 私はいつかすべてを忘れてしまう。
    この涙のわけまでも失ってしまう。
    なぜか耳に残っている修正力という言葉、私はこの思い出を無き物とされてしまう気がいたしました。
    ならば と筆をとった次第にございます。
    私がこの出来事に抗う術は一つ、この思いを記すことでございます。
    ○○先生 改めてここに書き留めさせていただきます。
    橘咲は先生をお慕い申しておりました。

    橘 咲

    仁 ドラマの最終回が観れるおすすめ動画配信サービス

    仁 ドラマの最終回はU-NEXT無料視聴可能です。
    JIN -仁-の1話~11話(最終回)まで一気に見れて、2011年に放送されたJIN-仁- 完結編も配信中!

    U-NEXTはエロ動画も観れます!